会社情報

過去の衛生士学校授業 2013年


2013/8/1 東京

太陽歯科衛生士専門学校  [URL]


太陽歯科衛生士専門学校にて、夜間部では初めてとなる授業を行いました。
3年生の生徒さん達と「生き甲斐、働きがいのある人生」をテーマにした講義、「DentalXを使用して検査データの入力〜印刷」の実習を行いました。


2013.0801東京

「わくわくドキドキした生き甲斐、働きがいのある人生」授業の感想

歯科業界は他の医療機関に比べ、クリニックの数もますます増えていき、競争率も激しく、
いかに他のクリニックとの差別化を計ることの重要さが分かった。
講座内でのアンケート結果から、実際には痛くならないと来院しないという患者さんが多いことは、働いてみて分かっていたが、
これほどの人数(パーセンテージ)が高いとは思わず、このツールを実際に使用してみて簡単で、手書きよりも早く入力できることが、
口頭で説明されるよりもデータ化された自分の口の中の状態を見ながら説明された方が分かりやすくて、
治療だったり、歯口清掃(セルフケア)等のモチベーションがUPされるのではないかと思った。
今、患者さんが歯科に何を求めているのか、通院についてや定期検診、歯周病、ホワイトニングへの意識の低さ...データを知れて本当勉強になった。
実際に将来、歯科衛生士になって患者さんに自分ができること、してあげたいことが明確にさらになったし、
iPhoneやiPadを使ってこんなに便利でなおかつ患者さんがとても分かりやすい
DentalXはとてもすばらしいものだと本当にびっくりするほど使いやすいと思いました。
コミュニケーションにもなり安心して患者さんは治療ができると思いました。
もっと勉強と手に技術をしっかり身につけて安心してもらって患者さんのスケーリングできるように頑張りたい!!

DentalX活用講座の感想

このようなシステムがあることをはじめて知り、とても興味深かったです。
私たちは、学んできて、プラークチャートや歯周病検査票を見て理解できるようになってきましたが、
患者さんからすると、初見であったり、あまり全てを把握するのは難しいかもしれないと改めて感じました。
それをうまく説明していくのが衛生士の仕事であると思いますが、
今回のDentalXにおいての患者用の資料は、見て自分の口腔内の状態が歯科の知識に乏しくとも分かりやすいと思いました。
手書きでの良い面もありますが、記録としてコンピュータに残ることは、管理しやすい利点があることも感じました。
患者さんの立場になって考えました。
自分の口の中、歯の一本一本、これほど細かく分かっている人はほぼいないのでは、と思いました。
歯の一本一本の状態をイラストでわかりやすくなっていて、
今の状態がわかれば、これ以上悪くならないようにと誰もが思うのではないかと思いました。
又、この作業が、iPod、iPadで簡単に出来るということに驚きました。
自分も活用できたらと思いました。ありがとうございました。






2013/7/18 静岡

浜松歯科衛生士専門学校  [URL]


浜松歯科衛生士専門学校にて、6回目となる授業を行いました。
3年生の生徒さん達と「生き甲斐、働きがいのある人生」をテーマにした講義、「DentalXを使用して検査データの入力〜印刷」の実習を行いました。


2013.0718浜松

「わくわくドキドキした生き甲斐、働きがいのある人生」授業の感想

今日の講義を聞いて、歯科衛生士になるという夢を実現させようと本当に思いました。
夢を叶えて、笑顔になれるように頑張りたいと思いました。
ディズニーの若い夫婦の話がとても感動しました。
人と人とが接する以上、絶対なマニュアルなんてないのだと思いました。
歯科衛生士という仕事も人と人とが接する仕事なので、
患者さんが一番幸せになるにはどうしたら良いか考えていけるようになりたいと思いました。

DentalX活用講座の感想

今、だんだん進化してきているんだなと思いました。
これからもっといろいろなものがでてくるかなと思うとドキドキしています。
とても良かったです。
診療の効率化に役立つと思います。
予防の計画も立てやすいと思いますし、患者さんにも分かりやすいと思うので、
こういうものがあるということが学べて良かったです。
とくに図がわかりやすかったです。

どんな歯科医院で働きたいですか?

患者さん1人1人を大切にする。
職員同士も仲良く働くことの出来る様な職場で働きたいです。
Drが患者さんに安心な治療をして、歯科衛生士が患者さんの悩みをしっかり聞く。






2013/5/16 山口

山口県高等歯科衛生士学院  [URL]


山口県高等歯科衛生士学院にて、
3回目となるDentalXを活用した授業を行いました。
3年生の生徒さん達と「生き甲斐、働きがいのある人生」をテーマにした講義、「DentalXを使用して検査データの入力〜印刷」の実習を行いました。


2013.0516山口

「わくわくドキドキした生き甲斐、働きがいのある人生」授業の感想

ディズニーランドに送られてきた手紙にとても感動しました。
全ての職業のあり方、考え方は同じで、患者さん(お客さん)と共に感動を与え、感動をもらいながら将来働きたいです。
自分がわくわくし、働き甲斐を感じるには、まず自分から相手にアクションを出すべきなのだと思いました。
そのアクションは今回のDentalXだったり色々なものがありますが、自分が充実するため、また、患者さんが健康になるために力を注ごうと思います。
しかしみんなそんなにうえているんですね!

DentalX活用講座の感想

わかりやすいデータとして出てくるので歯科衛生士として患者さんにもわかりやすく現状を伝えるのに役立つし、
患者としても自分の口腔内がわかりやすく見られるし、モチベーションアップにつながるのでとても良いと思いました。
手書きよりは早くデータ化出来ると思いました。
小さい画面に入力していくのは少し難しくて慣れていないと早く出来ないかなと思いました。
使い方を覚えることができればとても管理などが楽になると思いました。
入力の仕方が難しい所があったが、なれるとサクサクできました。
小さな四角の中に色々な項目があったので、小さいにも関わらず、すごいなとおもいました。
印刷された物を見るととてもわかりやすくて私もほしいと思いました。
とくに図がわかりやすかったです。

どんな歯科医院で働きたいですか?

一番はその歯科医院の雰囲気が良いところ。
そして産後もまた戻りたいと思える歯科医院で患者さんのために一番よい方法を考える所がいいです。
患者さんがムシ歯にならないようスタッフ全員ががんばっている歯科医院。
もしくは、ムシ歯が早く治るように努めている歯科医院。