サービス

歯科経営マガジン Ghoix (ジョイス)
最新号のご案内 2017年5月号


特集 歯科医院★経営まるわかりキャッシュフロー

Ghoix歯科業界初の月刊Web雑誌


「どこの医院も人不足で、衛生士を募集しても集まらないって嘆いているからなぁ。この程度の給料では魅力がないのかな……」患者数が右肩上がりに増えてきたキタハラ歯科は、チェアの増設とともに衛生士を2人採用しようと考えていた。しかし、求人の概要を見直してみても、人件費のところでつまずき、明確な答えが見つからない。そこで、定例ミーティングで経営コンサルタントの和仁に悩みを打ち明けると、衛生士長を呼んでほしいと言われ……。

特集 早嶋 聡史の世の中を視座る!

マクロと資産形成

世の中の動きと、自身の資産形成は関連があると思いますか? 答えは「YES」です。年間のキャッシュフローが数百万円規模であれば、考えても仕方のないことかもしれません。しかし1000万円以上のフローがある場合は、世界を大局的に捉え、自分なりに考えて備えておくことは大切です。今回は、世の中の動きを超ダイジェストで考え、ビジネス界の大きな変化、日本がとるべき進路と対策について見ていきましょう。


カムバック歯科衛生士!〜復職応援します〜
エール10 歯科衛生士の歴史

1945年、第2次大戦終結に伴い、アメリカを中心とする連合国軍が日本に進駐。GHQが日本人の口腔内を含めた公衆衛生上に問題があることを見出し、保健所の業務の1つとして歯科衛生を加えました……。衛生士としての国家資格が定められて約70年。この中でおおよそ30年間、私は衛生士として働き続けています。


Eat right!〜あなたは、たべものからできている〜
vol.23 イマドキの歯医者さんで初めての検査

一般の方に歯医者に行く理由を尋ねると、まっ先に「何か支障がある時」。そして「余計なことはしないで欲しくない」という声が聞かれました。この “余計なこと” とは「何をされるかわからない」「幾らかかるかわからない」という不安な思いからくるもの。これまで信頼関係がないまま治療に入るケースが多かったことがわかります。


あのニュース、どう思う?
現在の社会に満足していますか?

内閣府の『社会意識に関する世論調査』で、「現在の社会に全体として満足しているか?」という質問に「満足している」と答えた人が7割、「満足していない」が3割という結果になりました。ではあなたは、現在の社会に満足しているでしょうか? 今回は、歯科関係者の方4人に回答いただきました。お楽しみに。



経済ニュースレビュー

・1泊500万円ホテル
・気象コラボで食品ロス削減
・製薬会社が医療経営士増員 ほか


レセナビ♪

・SPTの算定例


Deai ネバギバ!〜だから僕は続けられる〜

・君でないとダメなんだ


患者さんに聞きました

・この医院は信頼できると思った瞬間


和仁さんのコミュニケーションスキル

・依頼した約束を守らせるには?


患者さんからのSOS 歯科相談室

・いつまで自分の歯を残せるのか




2017年6月号は、2017年6月5日(月)発売です。




次号6月号は
2017年6月5日(月)発売です