iQalte



iQalteのオペレーションは驚くほど簡単です。

カルテを作成する基本操作は、部位・傷病名を選択してから処置を入力する
手書きカルテのプロセスを取り入れています。このシンプルな設計と
直感的な操作に慣れたら、誰でもすばやく快適に使えるようになります。



患者情報の入力
患者情報の入力

患者情報

カルテの新規作成は、Dental Hubから行います。Dental Hubに登録してある患者情報は瞬時に取り込まれるため、入力の手間は一切ありません。 追加や修正は、入力欄をタップするだけです。

Dental Hubについてさらに詳しく >

口腔情報の入力
口腔情報の入力

口腔情報

歯のイラストをタップすると、部位に応じた選択項目が表示されます。充填やインレーには窩洞面の記載もできます。DentalXからワンボタンで口腔情報を読み込むこともできます。

DentalXについてさらに詳しく >

  • 部位・傷病名の入力1
  • 部位・傷病名の入力2
部位・傷病名の入力

部位・傷病名

手書きカルテと同じ流れで、まずは部位と傷病名を入力します。 いずれも入力したい欄をタップするだけで選択項目が表示されるので簡単に入力できます。連続する部位は指先でなぞります。

  • Cフロー1
  • Cフロー2
処置の入力

処置入力

開始のボタンをタップすると、傷病名に対応した処置フローを表示します。処置の入力は、フローに従って順番に選択するだけでOK。スケーリングやSRPなどは、過去に入力した部位がわかるように制御しています。

算定内容の入力
算定内容の選択

算定内容選択

処置の入力を進めていくと、算定可能な処置リストを表示します。算定項目や点数、カルテ記載内容を選びます。歯管や実地指、義管などは、期間チェックによって算定条件が制御されます。

カルテコメント入力
カルテコメントの入力

カルテコメント

カルテ記載内容は、自由に追加・変更をすることができます。文字入力はiOS標準搭載のテンキー、フルキーボードに加えて、定型文をすばやく作れるオリジナルキーボードをご用意しています。

会計・領収書の作成
会計・領収書の作成

会計・領収書

完成した2号用紙の負担金をタップすると、会計画面が表示されます。必要があれば物販や自費などの追加登録をして、すぐに領収書・明細書、処方箋を印刷することができます。

レセプトの確認・請求
レセプトの確認・請求

レセプト確認・請求

厚生労働省の規格コードやマスターと連携したレセプト電子データをスピーディに作ることができます。2号用紙を左にページをめくるようにスワイプすると、レセプト用紙のプレビュー画面が表示されます。




< 前のページに戻る