製品情報

患者さんが通い続ける仕組みを構築できる。


通い続ける仕組み

いつもしっかり説明して十分な治療をしているのに、<br>
  来院しなくなった患者さんが目立って多いと感じたことはありませんか?

DentalXは、
「1.検査入力→2.データ送信→3.印刷→4.説明」

とシンプルに業務フローに落とし込めるので、全ての患者さんにスタッフ全員が同じ医療サービスを提供できます。定期管理を重視している歯科医院なら、その重要性を一連の流れの中できちんと説明できるので、患者さんのデンタルIQがあがり、途中離脱の防止やリコール率のアップにつながります。



使い方はカンタン4ステップ。


step1データ入力
検査データ、保険データを端末を使ってチェアサイドで入力。

step2データ転送
データをMacへ無線転送。
転送は一瞬。

step3印刷
検査診断書・保険資料が自動プリント。

step4説明
その内容をチェアサイドで説明し、患者さんにお渡しします。


印刷できる診断書
表紙・診断書説明を含む、11種類の診断書が自動で印刷可能です。
画像をクリックすると印刷見本を見る事ができます
診断書サンプル




< 前のページに戻る