製品情報

よくある質問

DentalXをご検討中の方からいただく、
よくあるご質問に対しプラネットの営業マンが回答いたします。


DentalXのシステムについて


Macでしか動かないの?
Windows版はないのですか?
今後Windows用は出ないの?

DentalXはMac専用ソフトですのでWindows版はありません。
ただ、Macの知識は必要なく、院内の他のWindows機(レセコン・デジタルレントゲンなど)とも連携していますので、とても便利な活用が出来ます。
今後もWindows用の開発予定はありません。



ちょっと値段が高くないですか?

DentalXの価格1,298,000円は他の歯科システムのレセコン、デジタルレントゲンに比べ半額以下ですし、これらの目的が院内設備費に対し、DentalXはお客様である患者さんにより満足頂け、来院を促す経営戦略費の位置づけのシステムですのでご導入頂くメリットは価格以上かと思います。
また、ライトバージョンのTouch2(価格732,000円)を発売していますので予算に応じてご検討下さい。



うちのスタッフはパソコンも機械関係も
苦手なのですが使えますか?

大丈夫です。パソコンの詳しい知識も必要ありませんし、操作自体とても簡単です。また、弊社サポート担当者がインストラクトを行いますのでご安心下さい。



他の良く似たプレゼンシステムとどこが違うの?

競合する類似製品はないと思います。ただし、一部の機能の類似ソフトとして、高額なのに画像機能のみのソフト、あるいは安価なものであれば、入力が不便で検査結果もとおり一遍等で簡素な内容しか出せないソフトなどがあります。DentalXは、患者さんによりわかりやすい説明ができ、スタッフさんが簡単に使える様にiPad で入力、さらに自動的に毎回違った内容のコメントが出る患者向け検査表の作成、デジタルカメラ画像管理・プレゼン機能、位相差顕微鏡の画像管理・プレゼン機能、自費診療向け計画書、見積書の作成など多種多様な活用が出来ます。



ペンタッチモニターは使えるのですか?

WACOM等のペンタッチモニターと接続が可能です。モニター上でDentalX内の画像へ絵を描いて説明なども出来ます。



位相差顕微鏡とどうやって繋げるのですか?

顕微鏡からアナログ出力端子(テレビ、ビデオ用端子)のあるものは、デジタル変換器(コンバーター)を中継させる事で接続でき、DentalXで動画管理できます。



ペン型口腔内カメラを繋げる事が出来ますか?

現在市販されているUSBで繋ぐタイプの機種はWindows専用機のためMacでは接続出来ませんが、アナログ出力端子(テレビ、ビデオ用端子)のあるものは、デジタル変換器(コンバーター)を中継させる事で接続でき、DentalXで画像管理できます。



費用は総額いくらですか?

各ソフトの価格が税別DentalX:1,298,000円、Touch2:698,000円、他にMac、プリンター、iPad 、外付けHD等と設置手数料等が必要となりますので、各ソフト価格にプラス40〜50万円程のDentalX:約1,750,000円、DentalX touch2:約1,250,000円です。
なお、上記はあくまでも標準の目安であり、医院様ごとに必要なハード等が変わってきますので、細かなご相談により金額の増減があります。



支払いは現金のみですか?

現金払い以外に、リース、クレジットでの支払いが可能です。



DentalXのデモを見ることはできますか?

プラネットスタッフが医院に訪問し、DentalXのデモンストレーションをご覧いただけます。ご希望の医院様は下記からお問い合せください。



導入は簡単ですか、大がかりなものですか?

導入に関しては、医院様の状況に合わせてマネジメントアドバイザーが運用に関するご提案をいたします。また導入時には、テクニカルスタッフがシステムのセットアップやスタッフさんへのインストラクトを責任を持ってお手伝いいたします。






導入・運用を支援するサービスについて


導入時のセッティングや使い方の指導はありますか?

導入時には、プラネットのテクニカルスタッフがハード等のシステムをお持ちしセットアップいたします。また、DentalXの指導については、通常メインでご利用になるスタッフの皆さんに対してインストラクトを行います。運用いただけるレベルまで責任を持ってお手伝いいたします。ご安心ください。



コールセンターはありますか?

本社にDentalXをお使いのメンバー様専用のコールセンター(カスタマーサービスセンター)を設けています。平日は10時から18時まで、土曜日は10時から15時までフリーダイヤルにてご利用いただけます。



導入後にDentalXの調子が悪くなったら
来てもらえますか?

ハードのトラブルやDentalXのトラブルに関しては、各エリアのテクニカルスタッフが訪問しサポートいたします。また、緊急を要する場合などはカスタマーサービスセンターにパソコンをお送りいただく場合もあります。カスタマーサービスセンターには代替機等も用意しています。



データのバックアップはどうしますか?

DentalX終了時に外付けバックアップハードディスクにバックアップするシステムが組み込まれています。必ず毎日バックアップを実行していただくようユーザー様にお願いしております。また、万が一、ハードトラブルがあった場合のデータ復旧はカスタマーサービスセンターにて対応いたします。






ネットワークでの利用に関して


DentalXを複数台でネットワークで
使うことはできますか?

DentalXをコンピュータ1台でご利用される場合はスタンドアローンタイプ。複数台でご利用される場合をサーバ・クライアントタイプとしてシステムをご用意しています。サーバ・クライアントタイプは、現在8台までご利用が可能です。



ネットワークで使用するには
どれくらいの費用がかかりますか?

DentalXをサーバ・クライアントタイプでご利用いただく場合、追加のソフト料金は発生しません。またDentalXのサーバ・クライアントシステムには専用のサーバー機をご用意いただかなくてもご利用できます。そのため3台のコンピュータでDentalXシステムを使用する場合は、通常3台のコンピュータがあれば大丈夫です。*設定料等は別途必要になります。



WindowsでもDentalXを使えますか?

DentalXのサーバ・クライアントシステムは全てMac対応となっています。但し、既に院内にネットワークを構築されていて、各チェアーごとにWindowsマシンが設置されている医院様もあります。そんな医院様のために、簡易ネットワークシステムとしてDentalXに取り込んだ画像や検査データをWindowsのWebブラウザーソフト(Internet Explorerなど)で表示する機能をご用意しています。



他のシステムとのデータ連携は可能ですか?

DentalXは、多くのレセプトコンピュータや予約システムとの基本患者データ(氏名・住所・生年月日等)のデータ連携が可能です。