製品情報

写真もムービーも、簡単登録&管理。プレゼンや症例集でも大活躍。

DentalXの画像管理機能では、
デジタルカメラの写真やX線画像、位相差顕微鏡のムービー、CT装置で撮影されたDICOMデータなど、
口腔内のあらゆるデータを取り込んで患者ごとに管理、活用することができます。


画像取り込み
撮ったらその場でスピード取り込み

画像の取り込み

写真の登録は、ライブラリ画面にドラッグ&ドロップするだけ。
取り込まれた画像は日付順に並び、反転や回転などの編集も簡単です。位相差顕微鏡の映像もワンクリックで録画できます。専用PCから画像を書き出せば、X線写真も口腔内写真と同様の手順で登録できます。


(株)松風のデジタル口腔撮影装置との連携について >

整理
取り込んだ写真は手間なく整理。

画像の整理

患者さんごとに取り込んだ画像は、時間が経つにつれ膨大な量になります。DentalXなら、撮影した日付ごとに手軽に整理できるだけでなく、撮影順を記録して取り込みと同時に自動整理。煩わしい手間をかけずに、患者に関するすべての画像の一元管理が可能です。

拡大・比較
拡大も比較も自由自在。

自由自在にプレゼン

DentalXなら、ディスプレイに表示された写真を拡大したり、ペンツールを使って囲んでみたり、何枚もの画像を並べて見せたりと、インパクトのある患者プレゼンが自由自在です。Web機能を使えば、各ユニットに設置されたWindowsやLinuxで登録データを呼び出し、画像を拡大・比較表示することもできます。

症例作成
症例、プレゼン資料の作成も。

症例作成

模型やイラストよりもインパクトのある写真を症例集として活用すれば、治療技術の裏付けとして自信を持って説明でき、医院の信頼度が高まります。
DentalXなら、撮りためた画像を元にしたオリジナルの症例集が簡単に作成できます。外部に書き出して再生したり、メールに添付したり、KeynoteやPowerPointにも取り込めます。




< 前のページに戻る