製品情報

オプションソフト

オプションソフトとは?

DentalXの補助アプリケーションをオプションソフトといいます。DentalXと連動しながらも独立した
アプリケーションなので、必要な時だけ起動して便利に使えます。
DentalXにはDX Voxelを除くすべてのオプションソフトが標準搭載、DentalX Touch2は
欲しいソフトだけ別途購入して組み込めば、その日から使えます。


EditPict(画像処理)

EditPict

DentalXに取り込んだ画像を編集・加工することができるアプリケーションです。画像の回転や反転、トリミング、リサイズ、画質の調整、文字の追加などが可能です。



DX Player(プレイヤー)

DX Player

DentalXに取り込んだ動画(ムービー)データを複数表示し、同時再生することができるアプリケーションです。位相差顕微鏡などで取り込んだムービーを前回と比較して患者さんへプレゼンできます。表示サイズの設定や、エンドレス再生も可能です。



SlideShow(スライドショー)

SlideShow

DentalXに取り込んだ画像からスライドショーを作ることができるアプリケーションです。様々なエフェクトを利用して、インパクトあるプレゼンテーションが行えます。制作したスライドショーは単独のアプリケーションやムービーとして保存ができ、環境を気にせず再生が可能です。



DentalLayout(自由レイアウト)

DentalLayout

DentalXに取り込んだ画像や検査のイラストデータを組み合わせて、オリジナルのレイアウトを作ることができるアプリケーションです。口腔内画像とプラークの歯列弓を並べて表示したり、レントゲン画像とムシ歯診断書のイラストを配置したり組み合わせは自由。レイアウトを作れば、いつでも簡単に画像を貼り付けて資料を作成できます。



DX Voxel(ディーエックスボクセル)

DX Voxel

CT装置で撮影されたDICOMデータを、立体3D画像に変換し閲覧することができるDICOMビューアーソフトです。
簡単操作で、あらゆる角度から3Dデータを観察でき、オブリーク機能によりパノラマ画像やクロスセクション像を作成することも可能です。



DX Finder(ディーエックスファインダー)

DX Finder

DX Finderは、DentalXだけでは補いきれない患者さんへのプレゼンツールをインターネットからダウンロードし、DentalXと連動して一緒に使うことができるアプリケーションです。DentalXをインターネットにつないだその日から、患者さんへの情報提供ツールが無限大に広がります。




シリーズ対応比較表


DentalX DentalX Touch2
EditPict
Option
SlideShow
Option
DentalLayout
Option
DX Player
Option
DX Voxel Option
Option
DX Finder メンバー標準
メンバー標準

補助アプリは、メンバー価格 各30,000円(税別)
DX Voxelのみ 66,000円(税別)