Dental Hub



チームで共有。しかもリアルタイムで。

Dental Hubのリストは、チーム医療の現場でこそ力を発揮します。
どのリストを作るのかは、iPadごとに設定できるので、受付・診療室・担当者
それぞれの仕事に必要な情報だけをリアルタイムに表示します。



必要なリストをいくつでも。

仕事に集中するためのリスト

たとえば、受付なら「予約一覧」「会計待ち」「キャンセル」、診療室なら「チェアごとの予約一覧」「担当者ごとの受付済み一覧」を作成して、自分が今やるべきことに集中して効率的に仕事を進めることができます。  

ステイタス変更
リアルタイム共有で、受付と診療室の連携プレーを強化。

ステイタスの変更

患者さんが来院されたら、ステイタスを「受付済」に。診療室に入れば「治療中」、処置が終われば「会計待ち」に切り替えることで、今、患者さんがどこにいるのか、スタッフ全員で把握することができます。 

待ち時間対策
患者さんの「待ち時間」対策に。

「待ち時間」表示機能

一般的に患者さんは、15分以上待つとイライラすると言われています。Dental Hubは、タイムラインでもリストでも、「受付済」と「会計待ち」の患者さんの待ち時間が表示されるので、不満が表出する前に気づくことができます。 




< 前のページに戻る